六本木ヒルズからの七転八倒

【コラム】「けいおん!」に憧れて【040】

←BACK【師弟編68】ヤメます……たぶん

「高校生に戻りたい……」

いきなり現実逃避的発言が飛び出しましたが、皆様ごきげんいかがですか?長崎正吾でございます。

9月から「超最強オタパレード」というコラムがスタートしておりました。なんでも、でちゃう!編集部の中でいわゆるオタク趣味を持つ方々が執筆されているとのこと。そのコラムを読んでいて、ふと思い出しました。

数年前「けいおん!」というアニメに出会いました。五人の女子高生が軽音楽部を舞台に繰り広げる日常系コメディ、と今更説明するまでもない大人気アニメですね。

私は、6歳からピアノを習い、10歳からドラム、中学入学後はギターとベース、そして大人になってからはDTMと、長年音楽と共に生きてきた人間であります。そんな私が「けいおん!」を見て思いました。

――あんなに上手い高校生バンド、いないよ……

アニメにマジレスとは愚の骨頂。それはさておき、オープニングをはじめとする楽器の演奏シーンは実に素晴らしかった。おそらく、実際に演奏しているところを撮影して、それを忠実に作画しているのでしょう。指の動きが音楽とピッタリ合っていて本当に驚きました。

さて、その「けいおん!」の中で学園祭でのライブシーンがありました。オールスタンディングの観客を巻き込んでの盛り上がり。鳴り止まない拍手。実に感動的な場面でした。

それを目にして、ふと自分の記憶がフラッシュバックします。

高校三年の学園祭。ステージ後方に設置されたドラムセットに座る私。JUDY AND MARYのコピー曲を演奏し終え、シンバルの余韻が徐々に消える。

オールシッティングの観客。すぐに鳴り止む拍手。黙って後片付けを始める私たち。

今思い出しても、枕に顔を突っ伏してジタバタしたくなるような記憶です。ですが、それでも思うのです。

「高校生に、戻りたいなぁ」と。

→NEXT【師弟編69】カチ盛り二箱さて何枚?

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

9月≫
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

戻る