六本木ヒルズからの七転八倒

【コラム】「ただちに違法とは言えない」【039】

←BACK【コラム】東京オリンピックとカジノ法案【038】

「ただちに違法とは言えない」

警察庁は三店方式について、この回答を繰り返してきました。これはある意味当然です。客が獲得した「賞品」を客がどのように扱おうと勝手ですしね。

数年前、大手パチンコチェーン店が香港証券取引所に株式上場して話題となりました。なぜ、日本ではなく香港だったのでしょうか。なんでも、日本ではパチンコ店は上場しようとしても認めてくれないそうです。その理由は「三店方式を警察庁が『合法』だとお墨付きを与えないので、経営の健全性を担保できず、株主を守れないから」だとか。

なるほど。要するに、ある日突然「やっぱり違法です」なんて言われたらエラいことになるからということですね。

そこで私が妄想するのは「ぱちんこ業法」の成立です。現在は風営法の7号営業に組み込まれているパチンコ業界を、「ぱちんこ業法」へと移行するのです。そして晴れて三店方式を完全合法化するという流れになる、と。

これならばカジノ業界も認めざるをえないでしょうし、パチンコ業界としても悲願の株式上場が実現できるかもしれません。

……と、私の勝手な妄想を繰り広げてきたわけですが、いかがだったでしょうか。

2020年の東京オリンピックまでたったの7年しかありません。この7年でパチンコ・パチスロ業界はどのような変化があるのか、または無いのか……。

そうだ。今からカジノのディーラーになる練習でも始めようかな。

→NEXT【師弟編65】コイン泥棒ッ!!

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

3月≫
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

戻る