六本木ヒルズからの七転八倒

【コラム】「昭和の謎ルール」と私のトラウマ【101】

←BACKパソコン版【入札編71】英雄は遅れて登場する
←BACKスマホ版【入札編71】英雄は遅れて登場する

「馬鹿」の語源は、故事「鹿をさして馬となす」からであるという説があるらしい。

「トラウマ」の語源は、「トラをさしてウマとなす」から……という説は私が今考えただけだけなので他言無用です。

さて、先日ネットニュースを読みあさっていると、とある記事が目に止まりました。

シャーペン禁止謎ルールの理由は?
http://news.livedoor.com/article/detail/8525557/

この記事には「昭和の謎ルール」として以下のような例が挙げられていました。

「うさぎ跳び奨励」
「カンペンケース禁止」
「学校でウンコしちゃダメ」

あぁ、あるある。今思えば馬鹿馬鹿しいものばかりですが、
実際にルール……と暗黙の了解はあったように思います。

その中でも、私のトラウマを呼び起こさせる一文が。

「給食の食べ残し禁止」

この一文を読んだ瞬間、私の脳裏に悪夢が鮮明に蘇りました。

小学四年生の頃。当時の私はとても食が細く、配膳された自分の分の給食を食べきることがなかなかできませんでした。

昼休みになり、友達が校庭でサッカーに興じている中、教室の隅でひとり給食と向き合う私。食べても食べても減らないおかずを、ぬるくなった牛乳で無理矢理流しこむ。

昼休みが終わる頃、ようやく食べ終わった私は、食器を洗ってロッカーに入れておくのです。翌日の給食の時に、昨日の食器を返却するために。そして、その日の食器はまた翌日……。

今、こんな指導をしている小学校はおそらく無いのではないでしょうか。やはり理不尽な指導だと今でも思います。

あのね、食えないものは食えないんですよ!
当時の俺には量が多かったの!

わかりますよね、高橋先生!!

そんな私も今では食欲旺盛な大人に育ち、すっかり分厚い肉襦袢を身にまとうようになりましたとさ。

→NEXTパソコン版【コラム】負けに不思議の負けなし【102】
→NEXTスマホ版【コラム】負けに不思議の負けなし【102】

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

5月≫
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

戻る