六本木ヒルズからの七転八倒

【コラム】どうなる!?消費税増税とパチンコ業界!【112】

←BACKパソコン版【入札編109】惣菜の前に甘味
←BACKスマホ版【入札編109】惣菜の前に甘味

いよいよ、目の前に迫ってきたXデー。業界はこの波をいかにして乗り切るのだろうか。それが気になって、夜は9時間しか眠れない長崎正吾でございます。

ご存知のとおり、4月1日から消費税率が8%にアップします。税率アップ直前の駆け込み需要を狙ったセールがそこかしこで行われていますね。

では増税後は一体どうなってしまうのか?消費が弱まってしまうのではないかという懸念も当然です。

それは、パチンコ・パチスロ業界とて同じこと。
先日、全日遊連が4月1日以降の遊技料金の表示方法について以下の発表を行いました。

━━━━━━━━━━━
(1)4月1日の消費増税後も税込遊技料金を据え置く場合は、「1個(玉)4円」「1枚20円」で変更の必要はない。

(2)個数調整(枚数調整)で実質値上げを行なう場合で、玉1個、メダル1枚の料金が割り切れない場合は最少貸出単位の玉個数またはメダル枚数と金額で表示する

→税率8%の場合の表示例
「24個100円」
「116個500円」
「47枚1000円」

(3)消費税率をかけた料金を表示する場合
→税率8%の場合の表示例
「1個4.32円」
「1枚21.6円」
━━━━━━━━━━━

私はパチンコについては門外漢なのでパチスロについて語らせていただきますが、この「47枚1000円」のインパクトたるや……。

私がパチスロを始めた16年ほど前からずっと変わらず「1枚20円=50枚1000円」だったわけです。なんだったら、そのずっと以前からそうだったワケで。それが今回の増税によってついに崩れるのかもしれません。

ホールもボランティアではないので、今までとまったく変わらない営業をしたと仮定すると、増税分だけを利益が減ることは自明の理。

そこで、上記のような『実質的値上げ』に舵を切ると、客離れが起きることは必至。なんとも厳しい判断を迫られることと思います。

とはいえ、仮に実質的値上げになったとしても、該当地域ごとに「いっせーのせっ!」で同時に変更されると思われるので、多少は影響を少なくできるかと。

さらに、上記発表の中から店舗における遊技料金の表示方法を選択するならば……「1枚21.6円」がもっとも影響が少ないのではないでしょうか。

「20円が21.6円に値上げ」

これならばなんとか被害を最小限に食い止め……られるのかなぁ。

今回の増税。パチンコ・パチスロ業界にとっては大きなターニングポイントになるような気がしてなりません。

ですが、それでも「出し過ぎて潰れたホールは無い」「勝ったことのあるホールに、客は負けに行く」のだと思います。

このピンチをチャンスに変えられるホールが、今後も生き残っていくのではないかと考えます。

→NEXTパソコン版【入札編110】『出ないでくれ』
→NEXTスマホ版【入札編110】『出ないでくれ』

  • 1玉4円1枚20円が崩れる日は来るのか?1玉4円1枚20円が崩れる日は来るのか?

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

9月≫
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

戻る