六本木ヒルズからの七転八倒

【コラム】なぜ東京の電車はすぐ止まるのか【103】

←BACKパソコン版【コラム】負けに不思議の負けなし【102】
←BACKスマホ版【コラム】負けに不思議の負けなし【102】

日本の西の果て出身、長崎正吾でございます。

先週、そして今週と、とんでもない量の雪が日本列島に降り注ぎましたね。皆様の地方はいかがでしょうか。くれぐれもお気をつけて。

この大雪の写真でも撮ろうかと玄関のドアノブに手をかけると、ドアが重い。むん!と力を込めて押し開けると、ドアの向こう側に5センチほど雪が積もっているではありませんか。これにはビックリ。

その添付の画像がそれ。こういう画像を東京の人がアップすると……

→雪国の人「甘すぎるwwwこれ見てみろ」

→東京人「雪国sugeeeee!!」

この一連の流れが好きです。

さて、ニュースでも報じられている通り、雪の影響で交通機関がマヒしています特に、都心の電車は雪に弱いことで有名。これは、私が上京した18年前からずっと疑問でした。

なぜ、雪国の地方は電車が運行できているのに、東京は運休してしまうのか。

気になって調べてみたら、答えは簡単。雪対策をしているかしていないかの違いなんですね。

雪の降る地方では「雪が降ることが前提」として設計・対策しているようです。ダイヤの間隙を縫って除雪車が走り、場合によっては夜通し除雪したりもするそう。パンタグラフや切り替えポイントが凍結してしまわないように対策もされているんですね。

(#゚Д゚)<じゃあ東京でもやればイイじゃないか!

もちろん、やろうと思えばやれるのですが、年に数回しか降らない雪のために完璧な対策をしようとすれば、費用対効果が合わないのですね。

仮に対策を施したら、それが運賃へと反映されてしまう……。痛し痒しとはこのこと?

ですが、東急東横線の衝突事故を目の当たりにすると、対策しないなら思い切って完全運休しちゃえ!と思うのは私だけでしょうか。

→NEXTパソコン版【入札編72】全てを覆す、追記
→NEXTスマホ版【入札編72】全てを覆す、追記

  • 一応、通路にも屋根があるんですけどねぇ……。一応、通路にも屋根があるんですけどねぇ……。
  • 雪の六本木ヒルズ!クモのオブジェも寒さで震えている。雪の六本木ヒルズ!クモのオブジェも寒さで震えている。

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

3月≫
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

戻る