六本木ヒルズからの七転八倒

【コラム】カジノで億万長者になるたったひとつの方法2【070】

←BACK【コラム】カジノで億万長者になるたったひとつの方法1【069】

前回に引き続き、カジノの控除率について考えてみます。

最後は「ブラックジャック」です。

・ブラックジャック -1%~1%(101%~99%)

ナント!控除率に-1%~1%と幅があります!ついに出玉率が100%を超えるゲームが現れました。これは、プレイヤーの腕次第で控除率が変わるということを意味します。

実は、ブラックジャックには「ベーシックストラテジー」という必勝法(?)があります。要するに、自分の手札の状況と、ディーラーの手札の状況に応じて、もっとも期待値の高い行動(もう一枚引くのか、ヤメるのかなど)が全て決まっているのです。

このベーシックストラテジーに完璧に則って遊ぶと、控除率は0.3%ほどになるそうです。出玉率でいうと99.7%ですね。これならヒキ次第で勝ちが見える設定3といったところでしょうか。

では、控除率をマイナスする、言い換えるなら「出玉率を101%」にするにはどうするのか。それは、「カードカウンティング」を用いるのです。

これまでに使われたカードを記憶し、自分に有利な状況になったと判断したら、大きく賭けて勝負するわけです。具体的には「絵札と10とエースが多く残っている状況」ならば自分に有利なので大きく賭ける……ということらしいです。

詳しく知りたい方は「ラスベガスをぶっつぶせ」という映画をご覧ください。マサチューセッツ工科大学の数学の学生がラスベガスのカジノに乗り込み、ブラックジャックで一山当てようとたくらむ内容です。

さて、こんなにエラそうに書いておきながらカジノ童貞の私ですが、来年の4月に某国のカジノに行かないかと友人に誘われております。今からカードカウンティングの練習をして、一山当ててこようと考えております。もし大勝ちできたら、その様子を当コラムで是非!

……その前に、足し算を練習しなきゃ。

→NEXT【コラム】神々の晩餐、タコライス【071】

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

8月≫
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

戻る