六本木ヒルズからの七転八倒

【コラム】カジノで犯罪は増えるのか!?韓国カジノ編!69【196】

←BACKパソコン版【コラム】カジノで犯罪は増えるのか!?韓国カジノ編!68【195】
←BACKスマホ版【コラム】カジノで犯罪は増えるのか!?韓国カジノ編!68【195】

「ディーラーってさ……ルーレットでどこでも好きな番号に入れられるんやろ?」

同行したSさんは韓国のカジノに何度も訪れている熟練者。そんなSさんですら、そんなことを考えるのだなと逆に驚いた私でした。

カジノ側が、このような客を欺くような行為――犯罪を行うことはあるのでしょうか。

これについては、物理的・論理的・構造的に否定ができるのではないでしょうか。

まずは物理的な面から考えてみましょう。

ルーレットのウィール(数字が書かれた回転する盤)の直径は約80cm。この周りのトラックを約20周ほどボールが回ります。これを元にボールがどれくらい進むかを計算すると……

0.8m×3.14×20=50.24m

実に50m!!しかもウィール自体はボールとは反対方向に回転しているので、実際には60mほど進んでいることになります。

しかも、ボールが遠心力を失って落ちる過程で「カヌー」と呼ばれる突起に当たります。そして最後に、幅7cmほどの数字の書いてある溝へと落ちることになります。

言い換えれば、60m先にある7cmの溝をめがけてボールを投げているワケです。しかも途中に障害物(カヌー)まで設置されている。

ちなみにボーリングのレーンが約20mなので、60mがいかに遠いかということがわかると思います。

要するに、狙って正確に落とすなんて無理!と言えます。

それでも「そんなの磁石かなんかでコントロールしてるんだろ!」とおっしゃるそこのアナタ!!

そんなことがもしあったら……どんなことが起こるか考えてみましょう。

→NEXTパソコン版【コラム】カジノで犯罪は増えるのか!?韓国カジノ編!70【197】
→NEXTスマホ版【コラム】カジノで犯罪は増えるのか!?韓国カジノ編!70【197】

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

7月≫
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

戻る