六本木ヒルズからの七転八倒

【コラム】カジノで犯罪は増えるのか!?韓国カジノ編!73【200】

←BACKパソコン版【コラム】カジノで犯罪は増えるのか!?韓国カジノ編!72【199】
←BACKスマホ版【コラム】カジノで犯罪は増えるのか!?韓国カジノ編!72【199】

カジノを導入してもギャンブル依存症を増やさない方策は……。

世界中に存在するカジノの中では、自国民の入場を規制している国(地域)も多数あります。これは主目的が「外貨獲得」であり自国民のギャンブル依存症を増やさないためでもあります。

ですが、前述のとおり日本という巨大な市場が目の前に転がっているのに、それを締め出すというのはあまりにも勿体無い。

ですので、私が当コラムで以前も書いたとおり、日本のカジノはシンガポール方式を導入するのがベターではないでしょうか。シンガポール方式とは「外国人は入場無料、自国民は入場料約8000円を徴収する」というもの。

入場料をいくらに設定するかは議論が必要ですが、概ねシンガポールと同等でいいでしょう。

そうすれば、8000円が惜しいと思える程度の小博打を打つ客を排除することができますし、日本人のハイローラー(カジノで高額を使う客=通称クジラ)を逃がすこともありません。キャンブル依存症の増加にも一定の歯止めが掛かるでしょう。

さらにシンガポールでは、国からの援助を受けている国民や低所得者のカジノへの入場を規制するようになりました。日本で言えば生活保護受給者は入場できないわけですね。

また、二親等以内の親族からの申告があった場合、カジノ側は該当の人物の入場を禁止しなければなりません。

こういった方策も、日本でも最初に身分証明証を提示して会員カードを作れば容易に実現することができます。ぜひ実現するべきだと個人的には思います。

→NEXTパソコン版【コラム】カジノで犯罪は増えるのか!?韓国カジノ編!74【201】
→NEXTスマホ版【コラム】カジノで犯罪は増えるのか!?韓国カジノ編!74【201】

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

12月≫
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

戻る