六本木ヒルズからの七転八倒

【コラム】サバンナチャンスに刻まれた記憶【068】

←BACK【師弟編176】明日も、据え置き(終)

二十年前に読んだ本の内容は覚えていなくても、二十年前に聴いた音楽は覚えている。

音楽の道を志したものの挫折して今に至る、長崎正吾でございます。

国語の授業を含め、学生時代には誰しもそれなりの数の文章を読んでいるはずです。しかしながら、その内容まで覚えているかと問われると難しいところ。私もトライしてみましたが、「大造じいさんとガン」というタイトルをかろうじて思い出せた程度で、その内容は忘れてしまっています。

では、音楽の授業で歌った歌はどうでしょうか。こちらは逆に、タイトルは思い出せないが聴けば思い出す、という曲がたくさんあるもの。「大地讃頌」なんて、今でも歌えるのから不思議なものです。

ことほどさように、音楽というものは人間の脳裏に深く焼き付くものなのでしょう。

先日、「パチスロ獣王~王者の帰還~」がサミーよりリリースされました。4号機時代に爆発的大ヒットとなった「獣王」の後継機であることは説明のするまでもないでしょう。

昔からノーマルタイプでチマチマ稼ぐスタイルだった私ですら、4号機の獣王は打ちました。それくらい当時の人気とインパクトは絶大だったのです。

さて、この「獣王シリーズ」の要はもちろん「サバンナチャンス」ですが、あれの何が良いって、音楽なんです!

イントロもなくイキナリ始まるホーン・セクションによるテーマ。リズム隊もコンガやボンゴでアフリカンビートを彷彿とさせ、アフリカの木琴――バラフォンが雰囲気を一層引き立てる。打ち手を否が応でも興奮させる、ノリノリな音楽に仕上がっています。

昔は景品カウンターに行くと必ず獣王のサントラCDが置いてあったものです。ホールの開店音楽がT-SQUAREの「TRUTH」からサバンナチャンスのBGMに取って代わったりもしました。それもあって、今でも「TRUTH」と「サバンナチャンス」を耳にするとドキドキしてしまいます。「あぁ、狙い台、取らなきゃ!」ってね。

どうやら「パチスロ獣王~王者の帰還~」にも同じ音楽が使われているようなので、遊技していると昔のことを思い出してしまいそうですね。あぁ、あの時付き合っていた娘は今何をしているのだろう(遠い目)

→NEXT【コラム】カジノで億万長者になるたったひとつの方法1【069】

  • ここで4号機の獣王の画像を貼る。それが当コラムの矜持。ここで4号機の獣王の画像を貼る。それが当コラムの矜持。

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

7月≫
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

戻る