六本木ヒルズからの七転八倒

【コラム】ジャグラーガールズで蘇る、あの頃の記憶【10】

――この感じ、10年くらい前に池袋で……

去る4月8日、都内では一斉に「ジャグラーガールズ」の導入が開始されました。北電子とともにスロット人生を歩んできた私としては、打たないわけにはいきません。

当日、首尾よく「ジャグラーガールズ」を確保した私。ふと台の上を見上げると、台番号が55。これを運命と言わずしてなんと言う。

しばらく遊戯してみて感じたのは、不思議な「懐かしさ」でした。

閑話休題。

ジャグラーシリーズで初めて先告知を搭載したのは「ジャグラーV」という機種でした。この機種の先告知はストップボタン有効時のみで、今あるレバーオン時とリール始動時は搭載されていません。

初めて「レバーオン時の先告知」が搭載されたのが、10年前に導入された4号機の「ジャグラーガール」でした。同時に、今に続くあの衝撃的な「告知音」も同機種が初めてでした。

当時からジャグラーをメインに立ち回っていた私は、このジャグラーガールを初めて打ったときに激しい衝撃を受けました。

「い……今!レバー叩く前にペカった!」

そんなワケは無いのですが、そう思わせるくらいレバーオン時のペカりは「早っ!」と感じました。

「ガコッ!!」

「うわぁ!!」

あの告知音には、何度心臓が飛び出しそうになったか分かりません。

話を「ジャグラーガールズ」に戻します。「ジャグラーガールズ」の先告知はレバーオン時のみで、尚且つ後告知の場合は(基本的に)必ず告知音が鳴る仕様となっています。

これらは、4号機の「ジャグラーガール」を踏襲しているのでしょう。そのため、私のように4号機時代からジャグラーを打っていた者には、ある種の懐かしさを感じさせてくれました。

ひとしきり「ジャグラーガールズ」と戯れ、ホールを後にしようとしたとき、入り口付近に「ジャグラーの全歴史」を表したポスターが掲げてありました。それを見ていると、それぞれの機種にまつわる記憶が鮮やかに蘇り、しばし感傷に浸ってしまいました。

そして、ふと気が付く。

……全部打ったことあるなぁ。

 

俺、生まれ変わったら、ジャグラーになるんだ……

→NEXT【恋慕編15】再燃、美人局疑惑

  • 遊戯を開始すると、下パネルのライトが消える仕様。節電ってことなんでしょうか。遊戯を開始すると、下パネルのライトが消える仕様。節電ってことなんでしょうか。
  • GOGO!ランプはいつの時代も美しいGOGO!ランプはいつの時代も美しい

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

10月≫
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

戻る