六本木ヒルズからの七転八倒

【コラム】ファンが本当に求めているものとは【80】

←BACKパソコン版【入札編39】「パスタ屋デートは楽しかったか?」
←BACKスマホ版【入札編39】「パスタ屋デートは楽しかったか?」

私が現在、鉄筋コンクリート製のマンションに住んでいます。ここに引っ越してくる前は木造のアパートでした。そのため、あまりの壁の厚さに驚いたものです。なにせ、お隣さんの音が一切聞こえてきませんからね。

ですが、数日も住めばそれが当たり前になってしまいました。人間、快適さにはすぐに慣れてしまって、ありがたみを感じなくなってしまうものです。

さて、昨今のホールは設備が本当に充実しています。コインの自動補給や各台計数システムに始まり、プラズマクラスターにUSB充電器。さらにひざ掛けや耳栓の貸出しなどはもはや当然のサービスとなっています。

ですが、ファンが真に求めているサービスとは何なのでしょうか。

先日、グランドオープンから少し経った某ホールに遊びにいきました。
そこは以前もパチンコホールが入居しており、いわゆる「居抜き物件」でした。

内装はゼロから作り直したわけではないようで、以前のホールのものをそのまま使っているような名残りもところどころに感じました。

遊技しようと着席してまた驚きました。高さの調節ができないタイプの椅子だったのです。当然、肘掛けなんて付いていません。台間にドリンクホルダーもありませんでした。

今時こんな設備でグランドオープンして大丈夫ですか?などと老婆心ながら考えてしまいましたが、どうやら杞憂に終わりそうです。

なぜなら、そんな設備であっても客付きがものすごく良かったのです。
近隣には競合店が4店舗ほど。決して大名営業できるような立地だとは思えません。それでも客がついている。なぜか?

答えは簡単。出玉が良かったのです。

私もパチスロで生活の糧の一部を得ている者の端くれ。多くの「優良店」と呼ばれるホールを見てきました。そんな私も、このホールはキチンと高設定を使っているな判断しました。

このホールよりも「快適な」ホールは数多く存在するでしょう。
ですが、このホールよりも「打ちに行きたい」と思わせるホールはさほど多くはありません。

ファンが本当に求めているものは、一体何なのでしょうか。

→NEXTパソコン版【入札編40】信じたから、やめて
→NEXTスマホ版【入札編40】信じたから、やめて

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

3月≫
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

戻る