六本木ヒルズからの七転八倒

【コラム】入場抽選と並び順と【20】

←BACK【乗打編31】インド人のアナンドさん
さて、私長崎正吾は東京都に根城を構えております。当然、贔屓にしているホールもほとんどが都内です。

都内では、朝の入場が「抽選入場」のホールと「先着順(並び順)入場」のホールがあります。おおざっぱな印象ですが、ある程度の人数が並ぶことが見込まれるホールでは抽選入場を採用しているようです。ちなみに私がよく行くホールはどこも抽選入場です。

私は抽選入場に慣れているので、これが普通だと思っていましたが、聞くところによると、抽選入場が禁止されている地域というものも存在するようですね。これには驚きました。しかも理由を聞いて二度ビックリ。

「射幸心を煽るから」

……。なるほど。いや、なるほどじゃない。確かに、射幸心を煽りすぎるのは良くないと思います。はかない夢ばかり追いかけて、現実がおぼつかなくなるようでは、本来の「遊戯」からかけ離れてしまいますからね。だからといって、抽選入場が射幸心を煽るとはこれいかに。ちなみに私は「一桁出ろ!」と、心の中で叫びながら抽選マシンのボタンを強く押しています。……あ、射幸心煽られてるわ。

私は、狙い台を絞るために、打たない日でも数十件のホールをチェックしたり、前日下見をしたりします。そこで狙いをつけた台。今日は読みに自信があるぞ。さぁ朝の入場抽選だ!

――150番

まぁジャグラーの狙い台だったら結構確保できたりするんですが、それでも狙い台が被ってしまって、先客に取られたりするんですよねぇ。ツラいところです。

だからといって、先着順入場にしてほしいかと言われれば……私は首を横に振ります。理由は「朝早くから並ぶのがしんどい」。

二十代の頃は真冬でも真夏でも2時間くらいなら平気で並んでいたんですけどね。齢三十五にもなると身体が言うことをきかんのです。都内でも抽選入場が禁止されたらどうしよう……。

→NEXT【乗打編32】そりゃあ勝っただろうさ

  • 抽選番号が悪く、狙い台が取れず、しかもその台が高設定っぽかった時の落胆ときたらもう……抽選番号が悪く、狙い台が取れず、しかもその台が高設定っぽかった時の落胆ときたらもう……

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

4月≫
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

戻る