六本木ヒルズからの七転八倒

【コラム】新しいジャグラーを考えてみる【062】

←BACK【コラム】パチスロエッセーで30万円!【061】

いよいよ牙を向き始めた冬。いかがお過ごしでしょうか、長崎正吾でございます。朝の並びが辛い季節が到来しました。……ということを夏も言っていたような気がしますが。

さて、先日とあるサイトで「新しいジャグラーを考えよう」的なまとめを見つけました。まぁ皆さん言いたい放題といった感じだったわけですが。

そんな中でも、これは!と思えるアイデアが二つほどありました。それを紹介してみようと思います。

・ボーナス確率をもっと高くして、獲得枚数を減らす。

これはなかなか面白そう。やはりジャグラーの醍醐味はペカらせてナンボみたいなところがありますからね。一回のボーナスでの獲得枚数を減らしても簡単にペカるジャグラーは気持よさそう。

現在のアイムジャグラーのボーナス確率を二倍にしていみるとBIG・REGがそれぞれ 1/134(合算確率1/67)で、BIG 162枚、REG 52枚。どうですかねぇ。やっぱりBIG引いても下皿にサラッと貯まる程度では物足りないような気もしますね。

では次の案。

・REG消化中にBIGへ昇格!

これは秀逸。REG消化中のあるタイミングでいきなりGOGO!ランプが点灯してファンファーレが鳴り響く。そしてそのままBIGに昇格。これは面白いんじゃないですか!?

「あーまたREGかよぉ」なんて思いながら消化していたら、レバーオン時にGOGO!ランプがペカ!とか、第一、第二停止でペカ!とか。あらゆるタイミングで告知されたらREG中は常にハラハラドキドキできそう!

個人的には後者を搭載したジャグラーは是非打ってみたいですねぇ。

北電子様、いかがでしょうか?

→NEXT【師弟編149】審判『ストライーク!!』

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

6月≫
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

戻る