六本木ヒルズからの七転八倒

【コラム】東京オリンピックとカジノ法案【038】

←BACK【師弟編64】設定5以上は合格しますよ

「お・も・て・な・し」

滝川クリステル氏の印象的なスピーチも手伝って、2020年東京オリンピックの開催が決定しましたね。これによって、さらに注目度が高くなっている「カジノ法案」と、パチンコ・パチスロ業界の未来について、私の勝手な妄想を綴ってみたいと思います。

「今秋の臨時国会にてカジノ法案成立か?」

という記事を目にしました。さすがにこれは拙速すぎるように感じますし、現実的ではないでしょう。秋の国会はいろいろとやることが詰まっていて、カジノどころではなさそうですし。それでも、少なくとも向こう十年以内には「カジノ法案」は成立する公算が高いと思います。

実際にカジノ施設を作るとなった場合、カジノだけをポツンと建てるのではなくIR(統合リゾート)としてホテルやショッピングモールなど、大規模なリゾートとして開発をするそうです。ラスベガスあたりを想像するといいかもしれません。私は行ったことないですけど。

とはいえ、カジノは歴としたギャンブル施設です。それを法の下に襟を正して堂々と商売をしようとするのです。そうなると当然、カジノ側は言うでしょう。

「パチンコ業界の三店方式って……ズルくない?」

こちとら真っ白で営業しようとしてるのだから、グレーなままの商売敵に目を瞑るとは思えません。

そこで「ぱちんこ業法」の成立です。……つづく。

→NEXT【コラム】「ただちに違法とは言えない」【039】

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

4月≫
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

戻る