六本木ヒルズからの七転八倒

【コラム】東京良いトコ一度はおいで【055】

←BACK【師弟編103】たかが1000枚、されど1000枚

当コラムの読者の皆様は、一体どこに住んでいるのだろうか。ふと思ったのは、京都旅行から帰京する新幹線の車内でした。

東京に住み始めて十数年。もはやすっかり地元民のような気になっているが、そこは大都会「TOKIO」。知らないことがまだまだたくさん。

そこで、私がオススメする東京観光スポットを何の脈絡もなくご紹介しようと思います。

まずは「浅草寺」。浅草駅を降りて少し歩くと見えてくるのがご存知「雷門」。雷門をくぐると両側に並ぶおみやげ屋さん。これが「仲見世通り」。ここには人形焼きや甘酒やおせんべい、ちょうちんに番傘にでんでん太鼓などのお店が軒を連ね、イメージ通りの「下町、浅草、雷門」を堪能できます。

ここで写真を一枚。夕闇に浮かぶちょうちんの列と宝蔵門、そして五重塔を同時に収めてみました。なんだか合成写真のようですが、紛れも無く私が激写したものですよ。みなさんも是非一度はお越しを!

もう一つオススメしたいのが、東京湾をめぐる「水上バス」です。これは正直、穴場と言っていいスポットです。葛西臨海公園からお台場を経由し、レインボーブリッジをくぐって両国あたりまで川を遡るコースが超オススメ!

見慣れた東京も、海の上から見なおしてみれば全く違った世界に見えるものです。ちなみに、水上バスは船外に出られるタイプと出られないタイプがありますが、断然!出られるタイプがオススメです。なにせ、かちどき橋をくぐる時なんて、手を伸ばせば触れるくらいだったりしますからね。迫力が違います。

と、まぁ唐突に東京観光スポットをご紹介してみたわけですが、今後もときどきオススメの場所に出会ったら記事にしてみようと思います。乞うご期待!

→NEXT【師弟編104】タバコの臭いがつくからパーカー

  • 「雷門」がドーン!「雷門」がドーン!
  • 夕闇に浮かぶ「宝蔵門」と「五重塔」。美しい。夕闇に浮かぶ「宝蔵門」と「五重塔」。美しい。
  • 水上バスからレインボーブリッジをくぐる。東京を我が物にした気分に。水上バスからレインボーブリッジをくぐる。東京を我が物にした気分に。
  • この無機質な感じが男心をくすぐる。この無機質な感じが男心をくすぐる。

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

3月≫
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

戻る