六本木ヒルズからの七転八倒

【コラム】某メーカーの方とカジノ談義【210】

←BACKパソコン版【コラム】AT規制強化で『イノベーション』【209】
←BACKスマホ版【コラム】AT規制強化で『イノベーション』【209】

人生、いつどこでどんな出会いが待っているのか。本当に分からないものです。めっきり秋めいてきました、いかがお過ごしですか?長崎正吾でございます。

先日、ひょんな縁があり、とあるパチスロメーカーの関係者の方と少しだけお話をする機会に恵まれました。

その中でちょっと興味深い話がありました。

「うちの会社の社員旅行はいつも『カジノ』のある所ばかりに行っているんですよ」

なんでも、過去にはラスベガス、シンガポール、オーストラリアなどのカジノのある国(都市)を狙って社員旅行に行っているそうです。なんとも羨ましい限りです。

「カジノに入り浸っている人もいれば、まったく興味ないって人もいるんですよ」

とのこと。パチスロメーカーの人でもカジノに興味がある人もいれば全く興味を示さない人もいるとのこと。

私の知る限り、そのメーカーはカジノ市場への参入の話は聞いたことがありません。その方の口ぶりからも、会社的にもあまり積極的では無さそうな雰囲気。

日本にカジノが出来た時、あらゆる企業がその甘い蜜に群がることでしょう。それ自体は大きな経済効果になるのですから喜ぶべきことです。

しかしながら、その中にどれくらい国内企業が食い込めるのか。これは結構重要なポイントだと思います。

カジノ導入によって大きなお金が落ちる土壌が出来たとしても、それが根こそぎ外資系企業に持って行かれてしまっては何のためにカジノを導入したのかということになりかねません。

まだ間に合う!!国内企業の皆様!!カジノ産業への食い込みをもっと積極的に検討しましょう!!

→NEXTパソコン版【コラム】プロはどこへ消えた【211】
→NEXTスマホ版【コラム】プロはどこへ消えた【211】

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

10月≫
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

戻る