六本木ヒルズからの七転八倒

【コラム】激闘!韓国カジノ編!12【139】

←BACKパソコン版【コラム】激闘!韓国カジノ編!11【138】
←BACKスマホ版【コラム】激闘!韓国カジノ編!11【138】

自信たっぷりの友人K。そもそもポーカーの役の強さは把握しているのだろうか。一抹の不安がよぎる。

ディーラーが友人Kのカードに手を伸ばす。
カードの上にチップが乗った状態から、カードだけをシュッと引き抜く。堺正章氏がかくし芸大会でやる、テーブルクロス引きの要領だ。

ディーラーがカードを慣れた手つきで開く。

『8』『2』『8』『8』『2』

「マジ!?」

私は思わず声を上げてしまった。友人Kのハンドは、8と2のフルハウスが完成していたのだ。

「こんなことあるの!?お前スゴイな!?」

私が興奮気味に言うと、友人Kはニヤリと口角を上げて親指を立てた。

「ディーラーに勝ったから等倍の配当ってことなの?」

友人Kがベットしたチップを指さして尋ねた。
私は若干キレ気味に友人Kの肩を叩いた。

「バカッ!!ちげーよ!!まず、フルハウスで勝ったらANTEに対しては等倍だけど、BETに対して7to1の配当なんだよ。だからその時点で8万ウォンのプラスな」

「おっ、結構貰えるんだ」

8万ウォンは約8000円だ。だが、それはおまけだ。

「それだけじゃなくて、フラッシュ以上の役ができたらジャックポットがもらえるんだよ!!フルハウスは……」

私はテーブルに設置されたタブレットを指さした。

「ほら!アレ見ろ!!フルハウスは無条件で30万ウォンもらえるんだよ!!」

「おっ、マジで?」

「もっと喜べよ!!三万円だぞ!!」

興奮する私と、イマイチ盛り上げリきれていない友人K。そして、ニコニコしながらテーブルをトントンと叩くロシア人。

やはりカジノは、おもしろい。

→NEXTパソコン版【コラム】激闘!韓国カジノ編!13【140】
→NEXTスマホ版【コラム】激闘!韓国カジノ編!13【140】

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

4月≫
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

戻る