六本木ヒルズからの七転八倒

【コラム】激闘!韓国カジノ編!15【142】

←BACKパソコン版【コラム】激闘!韓国カジノ編!14【141】
←BACKスマホ版【コラム】激闘!韓国カジノ編!14【141】

まぁまぁ美味しいキムチを頬張りながらカジノ談義に花を咲かせていると、ようやく肉が登場。

さして期待をせずに焼けた肉を口の中に放り込んでみると……なんだ、美味しいじゃないですか。そこそこの厚みで切られているけれど、柔らかくて美味しい。

もちろん、日本で高いお金を出せばもっと美味しい肉を食べられることは言うまでもない。だが、韓国に来たのならば食べておいて全然損はない。サンチュと辛味噌も美味しくていくらでも食べられてしまう。うむ、満足。

ちなみに動向したS氏は、絶対に一日三食食べないと気がすまないタイプらしく、意地でも三食食べようとする方で。二泊三日の間でかなりの韓国料理をいただきました。アワビの炒めものとアワビ粥もいただきました。

総じて美味しいものが多くて大変楽しめました。
楽しめたの……ですが、微妙に納得がいかない部分もありました。

まずは韓国料理の主役級のひとつである「サムゲタン」です。小ぶりのニワトリが丸ごと一匹入っており、その中に生姜やもち米を入れて煮込んだアレですね。

いや、もちろん美味しいんですよ。でも……まったく下味がついてないんですね。同時に出されるお塩を自分で入れて味を調節する仕様らしいんですが、うーむ。

別の日に出たカニ入り激辛スープ。メチャクチャ辛いんだけど美味しい……が、出汁の概念とかってないのかな?と思わせるほど深みのない味。

総評としては、たまに食べるならばとても良い。毎日食べると飽きそう。

さて、カジノへと戻った後、今度は危ない香りのするショッピングへ……。

→NEXTパソコン版【コラム】激闘!韓国カジノ編!16【143】
→NEXTスマホ版【コラム】激闘!韓国カジノ編!16【143】

  • 辛い!辛いだけというウワサも!!辛い!辛いだけというウワサも!!
  • お分かりいただけるだろうか。麺と米が同居している。しかも、味は薄い。お分かりいただけるだろうか。麺と米が同居している。しかも、味は薄い。
  • アワビのお粥。まぁまぁ美味しい。アワビのお粥。まぁまぁ美味しい。

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

6月≫
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

戻る