六本木ヒルズからの七転八倒

【コラム】激闘!韓国カジノ編!17【144】

←BACKパソコン版【コラム】激闘!韓国カジノ編!16【143】
←BACKスマホ版【コラム】激闘!韓国カジノ編!16【143】

どっかりと椅子に腰掛けたSさんは、テーブルの「PLAYER」と書かれた場所になんの迷いもなく30000ウォンを置いた。
それにつられて私も10000ウォンを「PLAYER」側に置いた。

「ノーモアベット」

ディーラーが右手をテーブル上の右端から左端へと滑らせる。
さっきまで騒がしかった客達に、一瞬の静寂がおとずれる。

カードシューからPLAYER側とBANKER側にそれぞれ二枚ずつのカードが配られる。

「プレイヤー……」

ディーラーがPLAYER側の二枚を開くと、『Q』と『8』が出現した。

「ナチュラルエイト」

ディーラーのコールと同時に、テーブルの向かいに座る中国人がテーブルを叩いた。彼の目の前にはPLAYERに賭けられたチップがあった。

「絵札ってゼロやんな?」

「そうです。『10』と『絵札』は全てゼロで計算するんで、この場合は『8』です」

「じゃあメチャクチャ強いよな?」

「そうですね。最初の二枚で合計が『8』か『9』が出た場合は、相手方は三枚目のカードを引くことができないんですよ。『ナチュラルエイト』と「ナチュラルナイン』って言うんですけどね」

「ほー」

「だから今回みたいにPLAYER側にナチュラルエイトが出たら、BANKER側は最初の二枚で『9』にならない限りPLAYERの勝ちですね」

真剣な表情でうなずくSさん。
ディーラーがBANKER側のカードに手をかける。

「バンカー……」

→NEXTパソコン版【コラム】激闘!韓国カジノ編!18【145】
→NEXTスマホ版【コラム】激闘!韓国カジノ編!18【145】

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

4月≫
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

戻る