六本木ヒルズからの七転八倒

【コラム】激闘!韓国カジノ編!22【149】

←BACKパソコン版【コラム】激闘!韓国カジノ編!21【148】
←BACKスマホ版【コラム】激闘!韓国カジノ編!21【148】

では次に、バカラにおける勝率について考察していきたいと思います。

バカラでは一般的に6組から8組程度のトランプをカードシューに収めてゲームが進行します。
この組(デッキ)の数によって若干確率は変わるらしいのですが、ここでは6デッキの場合で考えてみます。

プレイヤー側が勝つ確率……44.628%
バンカー側が勝つ確率……45.865%
タイになる確率……9.507%

なんと!!ざっくり2分の1と言われていたバカラですが、実際にはバンカー側の方が僅かに勝率が高いのです!!
これは前回説明したカード配布のルールによるもの。要するに、バンカー側は「後出しジャンケン」的な要素があるので、その分だけ勝率が高いんですね。

では次に、控除率を見てみましょう。

プレイヤー……1.24%
バンカー……1.06%
タイ…… 14.36%

ふむ。ここはやはりパチスロ打ちの端くれとして、出玉率で表記してみよう。

プレイヤー……98.77%
バンカー……98.94%
タイ……85.64%

おぉ!!わかりやすい!!(笑)
プレイヤー、バンカーともにほぼ99%の出玉率といったところでしょう。設定3くらいか?
逆に8to1の配当が得られるタイは、なんと出玉率85%……。一攫千金の裏にはワナがあるでぇ……。

ちなみに、最初に配られる二枚が同じ数位だった場合に配当が得られる『ペアベット』ですが、
こちらは大雑把に『13分の1』の確率で『11to1』の配当しか得られません。

これはカジノに限ったことではありませんが、『配当の高い賭けは控除率も高い』というのが一般的です。
高額配当に目がくらむ前に、一旦冷静になりましょう。

しかし、こんな単純なゲームになぜ多くの人が魅了されるのか。
それには間違いなく、アレが関係しているはずです。

→NEXTパソコン版【コラム】激闘!韓国カジノ編!23【150】
→NEXTスマホ版【コラム】激闘!韓国カジノ編!23【150】

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

4月≫
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

戻る