六本木ヒルズからの七転八倒

【コラム】激闘!韓国カジノ編!24【151】

←BACKパソコン版【コラム】激闘!韓国カジノ編!23【150】
←BACKスマホ版【コラム】激闘!韓国カジノ編!23【150】

さて、ここではカジノを少しだけ離れて、韓国のとある『事情』について書き連ねたいと思います。

今回の韓国旅行はかなり突発的に決まったものでした。元々、一度はカジノに行ってみたいとは思っていましたが、その行き先が韓国になるとは思いもよらず。もちろん、政治的なアレやコレもあり、私も個人的には胸に一物抱える者のひとりであります。

ですが、今回の道中では概ね歓待を受け、気分よく楽しむことができました。――もちろん、こちらは観光客ですし、ほとんどカジノに入り浸っていたので当然かもしれませんが(笑)

そんな韓国。何も問題が無かったかと言われると、そうでもない。
しかもそれは、私にとってはかなり大きな問題でした。

それは、釜山港に着いたときに遭遇してしまいました。

入国審査を終え、これからタクシーに乗ってホテルへと向かおうとする前……

「ちょっとトイレ行ってきます」

私は荷物を友人らに預け、トイレへ。男性用が4つと個室が2つ。何の変哲もない普通のトイレだ。

私は小用でも空いていれば個室に入るクセがあるので、何の気なしに個室へ。

――刹那ッ!!

ク……クサイ。

もちろんトイレなのだから多少の臭さは仕方ない。だが、鼻の奥をつんざく臭い。

ハッとして私は足元に視線を落とすと、そこには銀色に輝く円柱状の箱が。
そういえば以前、ネットでとある記事を目にしたことがあった。

『韓国では使用後の紙をトイレに流さず、ゴミ箱に捨てる』

……私は黙って個室の扉を閉じた。

→NEXTパソコン版【コラム】激闘!韓国カジノ編!25【152】
→NEXTスマホ版【コラム】激闘!韓国カジノ編!25【152】

  • 釜山港の入国管理事務所。十分立派なのに、トイレは……。釜山港の入国管理事務所。十分立派なのに、トイレは……。

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

12月≫
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

戻る