六本木ヒルズからの七転八倒

【コラム】激闘!韓国カジノ編!35【162】

←BACKパソコン版【コラム】激闘!韓国カジノ編!34【161】
←BACKスマホ版【コラム】激闘!韓国カジノ編!34【161】

客側の参加者が多い時はディーラーが弱い。

……という、一見すると必勝法とも思えるこの作戦。

『Q』『4』『3』

またQハイか……。だが私には必勝法がある。客側の参加者は4人。十分な状況だ。勝負。

「ディーラー……『2』のワンペア」

ぐぬぬ……。ハイカードが無くてもワンペア以上の役を作られてしまっては万事休す。こんなやりとりを繰り返しながら一進一退が続く。

とはいえ、この3カードポーカーは無茶な掛け方をしなければ実にまったりと遊べるゲームなのです。勝ったり負けたりを続けて、じんわりと減っていくイメージ。遊びとしてはこれで十分でしょう。

何度かストレートやフラッシュを引き当て、気分よく遊んでいた頃だった。

テーブルのちょうど向かい側に座って静かに遊んでいたロシア人と思しき男性が、突然……

「くぁwせdrftgyふじこッッッッ!!!!」

何を言っているかはわからないが、怒り狂った猿のように椅子から飛び上がった。カジノ中の視線が彼に集まる。

彼は何かを言いながら、立ち上がったまま乱暴にカードをテーブルに置いた。

ディーラーが自身のカードをオープンすると、『A』ハイ。クオリファイなので客と勝負となった。

順番に客のカードがオープンされる中、ロシア人のカードに手がかかった。出てきたのは……

――『2』『3』『4』

しかも全てスペード!!3カードポーカーにおいての最強の役、「ストレートフラッシュ」ではないか。これはスゴイ。

他の客もテーブルを叩いて大盛り上がり。
ロシア人は同席していた全ての客に10000ウォンのチップを投げ渡してまわった。

客がカジノをやっつける。
別に客同士で協力するわけではないが、同じ目的を共有しているからこその一体感。

これは、他の遊びとは一味違う、カジノ特有のものかもしれない。

→NEXTパソコン版【コラム】激闘!韓国カジノ編!36【163】
→NEXTスマホ版【コラム】激闘!韓国カジノ編!36【163】

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

3月≫
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

戻る