六本木ヒルズからの七転八倒

【コラム】激闘!韓国カジノ編!45【172】

←BACKパソコン版【コラム】激闘!韓国カジノ編!44【171】
←BACKスマホ版【コラム】激闘!韓国カジノ編!44【171】

私が気色ばんで言い放った「ダブル」とは、「ダブルでヤサイマシマシカラメニンニクッ!!」の略……ではなく、「ダブリングダウン」の略。

「ダブリングダウン」とは客側に許されたアクションのひとつで、「追加のカードを一枚だけ引くことを条件に、掛け金を二倍に増やせる」アクションなのだ。

掛け金を増やすという意味では「スプリット」と似ているが、「ダブリングダウン」は手をふたつに分けるのではなく、一手だけの掛け金を二倍にする、いわば「ガチガチの攻めのアクション」とも言えるだろう。

ちなみに、前述したベーシックストラテジーにある通り、自分に配られた二枚のカードの合計が『11』だった場合、ディーラーのアップカードが『A』以外であれば必ずダブリングダウンすることが推奨される。

これは、次に引くカードが『10』と数えるカードならば『21』になり、ほぼ間違いなく勝ち――最悪でも引き分けとなるためだ。

私が差し出した10000ウォンをディーラーが確認し、ベットされていたチップの隣にくっつけて置いた。

――『10』『10』『10』テンカードテンカードテンカードォォォォッ!!

平成を装いつつ、心のなかではテンカードが出ることを猛烈に願う。

ディーラーが三枚目の――最後のカードをカードシューから取り出した。

――『2』

最悪だ。これで合計は『13』になった。ディーラーがバーストしない限り負けだ。万事休す。

→NEXTパソコン版【コラム】激闘!韓国カジノ編!46【173】
→NEXTスマホ版【コラム】激闘!韓国カジノ編!46【173】

  • どんどん掛け金が増えていく。だが、日和ってはいけない。どんどん掛け金が増えていく。だが、日和ってはいけない。

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

3月≫
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

戻る