六本木ヒルズからの七転八倒

【コラム】激闘!韓国カジノ編!61【188】

←BACKパソコン版【コラム】激闘!韓国カジノ編!60【187】
←BACKスマホ版【コラム】激闘!韓国カジノ編!60【187】

毎秒1ミリ以下とも思えるゆっくりとしたスピードで、カードが少しずつめくれていく。バカラでもっとも興奮する瞬間だ。私の脇の下を一筋の汗が伝った。金を賭けていない私ですらこうなのだから、実際に勝負をしているSさんの心中はいかばかりか。

Sさんがテーブルに顔をこすりつける。その隙間から私も覗き込む。
いよいよスートが見えるか……見えないか……

――あったッ!!

スリーサイドのその奥に、まずはひとつのスートが見えた。これで『6』の可能性が無くなり、『7』もしくは『8』が確定した。

もうひとつスートが見えれば『8』となって勝ちが確定する。

――スート付け付け付け付け付け付けェェェェェェェッ!!

私は心のなかで叫んだ。
Sさんの額には青筋が浮いている。

「んーーーーーんああああぁぁぁぁッ!!」

Sさんが声にならない唸り声を上げながら、一気にカードをめくった。

だが、無情にもカードの真ん中の列には、さきほど確認したひとつだけ。

――『7』だ

Sさんは力尽きたようのため息をひとつついて、ディーラーへとカードを放り投げた。

「プレイヤー、セブン」

ディーラーがコールする。これでプレイヤー側は合計『7』、バンカー側は現時点で『5』。

「バンカー……」

ディーラーがバンカー側のベットオーナーである「トゲゾー男」の前へと三枚目のカードを滑らせた。

このカード次第で、オールオアナッシングが確定する。

→NEXTパソコン版【コラム】激闘!韓国カジノ編!62【189】
→NEXTスマホ版【コラム】激闘!韓国カジノ編!62【189】

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

4月≫
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

戻る