六本木ヒルズからの七転八倒

【コラム】神々の晩餐、タコライス【071】

←BACK【コラム】カジノで億万長者になるたったひとつの方法1【069】

――男の料理。得てしてそれは、雑な料理と同義である。

(長崎正吾 1978~)

暴言気味に始まった今回のコラムは、男の料理について語ろうと思う次第であります。

19歳の夏、高校時代の友人たち沖縄旅行に行きました。そこで出会ったのが「タコライス」です。名物だと勧められるがまま注文し、目の前に出された料理を見たとき、私は思いました。

「何て雑な料理だ!」

ご飯の上にチーズとひき肉とレタスとトマトを順に乗せただけではないか。こんな大雑把な料理が名物だなんて……パクッ。

「美味いッ!!!」

それ以来、私はタコライスに魅了されてしまいました。

というわけで、私が自宅で作る「タコライスまがい」を披露してみようと思います。あくまでも「独身男性の雑な料理」ですのであしからず。

材料は「ご飯 200g」「ひき肉 80g」「カットレタス」「チーズ」「調味料(塩・胡椒・ケチャップ・しょうが)」

まず、カットレタスの袋に包丁を突っ込んで、食べやすい大きさに切り刻みます。まな板を使うことすら拒否する男らしさが垣間見えます。

次にひき肉を炒めます。程よく色が変わったところでしょうがを投入して臭みを取ります。

レンジでチンしたご飯を皿に盛り、チーズをばら撒いてさらに30秒レンジでチン!これでチーズがとろけて食欲をそそります。

あとはレタスとひき肉を順に乗せ、ケチャップをぶち撒ければ完成!10分もあればできてしまいます。

お味のほうは……自分で食べるには問題ないが、人様にお出しするのは……。
スーパーには「タコソース」とか「チリソース」という便利なものが売っていますので、それを使えば本場度が上がるのでオススメです。

これで約300円くらいです。節約料理かと言われると甚だ疑問ですが、手間と満足感を鑑みれば及第点……だと言って欲しい。

→NEXT【コラム】新章は「ネットオークション監視員」【072】

  • 食材。安い自炊が下手な人間の典型のようだ。食材。安い自炊が下手な人間の典型のようだ。
  • まな板を汚さないのでエコ!まな板を汚さないのでエコ!
  • ひき肉の臭みが意外と美味いのよね。ひき肉の臭みが意外と美味いのよね。
  • 結局、雑なことには変わりない。胃に入れば同じさ。結局、雑なことには変わりない。胃に入れば同じさ。

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

12月≫
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

戻る