六本木ヒルズからの七転八倒

【コラム】遅ればせながら自己紹介を【01】

「六本木ヒルズからの七転八倒」をご覧の皆様、お初にお目にかかります。長崎正吾と申します。どうぞお見知りおきください。
 
はじめに、当コラムの読者の皆様と、このような機会を与えていただいた「でちゃう!」編集部の皆様に、この場を借りてお礼申し上げます。
 
さて、何の説明も無いまま唐突に始まった当コラム――小説の真似事と言うべきでしょうか――ですが、それには理由があります。
 
本来であれば、第一回目のコラムで筆者の自己紹介くらいするのが読者様への礼儀かと思いますが、それが"はばかられる"のです。
 
なぜなら「六本木ヒルズからの七転八倒」は、スロットを中心とした私の人生を振り返った「回想録的小説」だからです。
 
そのため、自己紹介であるべき「初めて打った機種」「初めて勝った機種」「大勝ち・大負け記録」などを書いてしまうと、それがそのまま"ネタバレ"に繋がってしまうのです。
 
読者の皆様におかれましては、当コラムの今後の推移を見守っていただき、同時に私の人となりを徐々に知っていただけると幸いです。
 
とはいえ、筆者の情報がほとんど無いのは無味乾燥というもの。そこで、ネタバレにならない程度の自己紹介と当コラムのあらすじを披露させていただこうと思います。
 
━━━━━━━━
1978年生まれ。18歳で上京し、ミュージシャンを目指すも程なくして挫折。20代前半をスロプーとして過ごす。その後、友人のツテを頼りにIT関連企業を渡り歩き、最終的には六本木ヒルズで働くに至る。しかし、34歳にしてその職を失ってしまう。失意に暮れていた私は、半ばヤケ気味にホールへと足を踏み入れた。そこで待っていたのは、かつて私の生活を支えてくれた「ジャグラー」だった……
━━━━━━━━
 
さて、最後に少しだけ宣伝をさせてください。
 
私は当コラム以外に「ジャグラーで喰う!」というブログを書いています。こちらのブログでは、私の日々の立ち回りや収支などを公開しております。当コラムと合わせてお楽しみいただけると幸いです。
 
「ジャグラーで喰う!」
 
また、ジャグラーで喰うための立ち回りや考え方をまとめた「ジャグラーで喰う技術」というアプリを配布しております。iPhone版、Android版、PDF版をご用意しております。ジャグラーの収支がなかなか上がらない方は、御一読いただけると幸いです。
 
━━━━━━━━━
【 iPhone版 】
【 Android版 】
【 PDF版 】
★アプリの内容など詳細はこちらをご確認ください↓
━━━━━━━━━
 

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

5月≫
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

戻る