六本木ヒルズからの七転八倒

【コラム】2014年業界を揺るがす動き1【84】

←BACKパソコン版【コラム】2013年を振り返って【83】
←BACKスマホ版【コラム】2013年を振り返って【83】

新年、あけましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願いいたします。

2014年が始まり、私は今月末には36歳になります。三度目の年男というおめでたい年(?)です。次の年男――48歳の時は、私は一体何をしているのでしょうか。まったく想像もできません。ま、生きてさえいればいいか。

さて、2013年のパチンコ・パチスロ業界は……さほど大きな動きはなかったように思えます。2011年は震災による輪番休業があり、2012年は前年に始まった広告宣伝規制の強化がありました。とくに後者は現在にいたるまで業界に大きな影響を与え続けています。

新規オープンするホールの数よりも閉店するホールの数が常に上回り、全国のホール数は減少し続けています。

また、遊技人口も減り続けていると同時に、遊技者の年齢層は上がり続けているそうです。ということは、新規ユーザーを獲得できていないということになります。

しかしながら、この状況においてもパチンコ・パチスロホールの総売上高はほぼ横ばいで推移しています。ということは、ユーザー一人あたりの負担額(負け額)が増えているということになります。

正直、このままでは業界全体が先細りしてしまうことは火を見るより明らかです。

そんな中、北関東のとあるホールが、今月に入ってからある「宣言」をしました。

その宣言は、この業界を大きく変革する小さな一歩になるかもしれません。つづく……

→NEXTパソコン版【コラム】2014年業界を揺るがす動き2【85】
→NEXTスマホ版【コラム】2014年業界を揺るがす動き2【85】

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

9月≫
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

戻る