六本木ヒルズからの七転八倒

【コラム】5スロが20スロを駆逐する【073】

←BACKパソコン版【入札編10】コミュ障め!そっちは窓だ!
←BACKスマホ版【入札編10】コミュ障め!そっちは窓だ!

――悪貨は良貨を駆逐する

トーマス・グレシャム(1519-1579)

額面が同じ金貨と銀貨があれば、人は金貨をしまい込み、銀貨で支払いを済ませるようになる。転じて、悪がはびこり善が滅びる例えにも使われる言葉。

さて、4スロ1パチのようないわゆる「低貸し」が市民権を得て久しい昨今。どこのホールに行っても20スロ4パチと併設して低貸しコーナーがあるのが普通の光景となりました。

それどころか、徐々にではありますが「低貸し専門店」なるものも出現し始めています。私もパチスロ初心者の友人を連れて行ってことがありますが、結構稼働もいいんですよね。それもAT・ARTタイプが大人気。これは実に興味深い。

5スロを例にすると、20スロよりも単純に売上が1/4になってしまうわけです。ウエイトタイムは同じですからね。しかし、設備投資や人件費は20スロと変わらない。ということは、20スロの4倍の売上を上げなければならない。これは厳しい。

そうなると、当然スロットの設定は「1」をベースにせざるを得ないでしょう。これは自明の理。

ここで私が考えるのは、レートごとに機種のスペックを変更できるようにしてみてはどうか、ということです。

要するに、低貸しだけに許されるスペック――「爆裂機の復活」「ストック機の復活」などなど。これならば低貸し市場がさらに盛り上がるような気がするのですがいかがでしょう。

もちろん、台の値段が安くなるのが一番ですが、こういった施策もありなのでは、と考えてしまいます。

以前も書きましたが、現状のAT・ART機などのスペックは20スロではいかにもキツいように思えます――客の財布的な意味で。

パチンコ・パチスロ業界の未来。それは20スロを「高貸し」という時代か。
それとも20スロすら「低貸し」と言えるくらいに景気が回復する時代か。

――5スロが20スロを駆逐する

長崎正吾(1978- )

→NEXTパソコン版【コラム】「キュインキュイン」は脳内麻薬か【74】
→NEXTスマホ版【コラム】「キュインキュイン」は脳内麻薬か【74】

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

3月≫
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

戻る