六本木ヒルズからの七転八倒

【コラム】Amazonが書店を飲み込む日【056】

←BACK【師弟編122】下皿満タン、だった

出版不況が叫ばれて久しい。有名書店が倒産するというニュースを目にすることもしばし。「残念だ」と思うと同時に「時代の流れ」とも感じます。

Amazon.comのような存在は、既存の小売店にとってはとてつもない脅威でしょう。なにせ、二日以内には目的のものが自宅に届きますからね、しかも送料無料で。私も頻繁にAmazonを利用します。ただそれは、「目的のものが決まっている場合」がほとんどです。

たとえば、ネットで見つけた書評に興味を惹かれ、Amazonで検索してポチっとな、と。これはもはや日常の一部ですらある行為になっています。

ただ、それでも私は書店に足を運びます。
なぜかというと、「目的以外のものを発見できるから」です。

これって結構大切なことだと思うのです。平積みにされた本の中から興味深いものを手にとってペラペラ……。こうして出会った良書には枚挙にいとまがありません。

これはもしかすると、インターネット全般にも言えることかもしれません。

インターネットは「必要な情報を手に入れる」ことに関しては他のどんなメディアよりも優れているでしょう。ですが「必要としていなかった情報」との出会いにはいささか適していないのでは……と。

「パチスロ 化物語 スペック」と検索窓に叩き込めば、簡単に必要な情報は手に入るでしょう。

ですが、「でちゃう!12月号」を購入すれば元々必要としていなかった他の機種の情報や「でちゃう!ガールズ」のグラビアまで手に入るのです!(ステマ)

その「でちゃう!12月号」を熟読していると、飛び込んできた「でちゃう!ガールズ」の木田智子さんのグラビア。お美しいなぁと思いつつ右側のページに目をやると……。

髭原人氏の、ほぼ全裸写真……。

「でちゃう!12月号」絶賛発売中です。

→NEXT【コラム】朝食にホットサンド作ってみた【057】

  • 「俺の暴走は誰にも止めらんねぇ!」とキャプションが付いています。定価300円。「俺の暴走は誰にも止めらんねぇ!」とキャプションが付いています。定価300円。

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

5月≫
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

戻る