六本木ヒルズからの七転八倒

【コラム】GOD一発クレジット1000枚ドン!【119】

←BACKパソコン版【落札編21】出品はしたことない、が
←BACKスマホ版【落札編21】出品はしたことない、が

今国会でも成立が予想される通称カジノ法案。
少し前のニュースですが、この記事が目に止まりました。

————-
カジノ開業がパチンコ業界にとってメリットになる
http://www.yugitsushin.jp/news/15324/

現在開会中の国会で推進法が可決されれば、15年に実施法、17年までに設置場所と運営企業が決まり、20年に開業するのが最短スケジュールとした。また、「カジノでスロットに初めて触れる人も多い。また、シンガポールでは自国民の場合、入場料8000円が掛かるが、日本でも同じスタイルになることが予想される。掛け金自体も大きい額になるので、もっと手軽に楽しみたいというニーズが出てくる可能性もある」と業界にとってカジノ開業のメリットが出てくる可能性に言及した。
————-

カジノのスロットはメダルを入れてボタン(またはレバーを)を叩くだけ。遊技というよりも、その実は宝くじに近いかも。
一方、パチスロは遊技者自身がストップボタンを押すという作業を強いることで「遊技」としているワケで。

本当にカジノスロット風パチスロというニーズは生まれるのだろうか。それでも「遊技」である以上、ストップボタンを無くすことはできないだろうから……どうすればよいか。

100%完全適当押しで全ての役が獲得できるようにする?
一役での払い戻し枚数とクレジットの上限を大幅に増やして、【GOD】一発でクレジットに1000枚ドン!みたいな。

 向こう数年ではどう考えても無理っぽい。

とはいえ、上記記事のように自国民に入場料を課すようにすれば、パチンコパチスロ業界からの客の流出はさほど大きくならないのではと思います。そのお金があるなら、1ゲームでも多く回したほうが……と。それに、パチンコにはパチンコの、パチスロにはパチスロの、そしてカジノにはカジノの面白さがありますからね。共存共栄は可能だと信じたいところ。

ただ、パチスロに関して対カジノとしてひとつだけ規制緩和を求めるならば「機種ごとでのジャックポット」でしょうか。どういうことかというと、例えばイン枚数100枚につきコイン1枚を積み立てて、ジャックポットフラグを引いたらそれが全て払い出されるというもの。これならば夢も広がるんですが……やはり射幸性が高すぎますかね。

→NEXTパソコン版【落札編22】『情報』カテゴリ
→NEXTスマホ版【落札編22】『情報』カテゴリ

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

9月≫
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

戻る