六本木ヒルズからの七転八倒

【乗打編46】コーラか紅茶か

←BACK【コラム】ネームミングで高額商品ゲット!【23】
←BACK【乗打編45】引き強いねぇ、アナタも

サラリーマン金太郎のシマを離れ、私は休憩スペースでコーラと紅茶を一つずつ購入した。それを両手に持ち自席へ戻ると、その背後のシマで阿久津さんが通常ゲームを消化していた。データ表示機にはさっきまでと変わらず『BIG 1 REG 1』と表示されていた。

「阿久津さん!」

阿久津さんの顔のそばに二本のジュース缶を差し出して、声を掛けた。すると、阿久津さんが勢い良く顔を向けたので、頬に缶が当たりそうになり、私は慌てて缶を持った手を引っ込めた。

「おわっ!スミマセン!」

突然目の前に飛び込んできたジュース缶に驚いて、阿久津さんは大きく顔を逸らした。私は平謝りした。阿久津さんは目を丸くしてこちらを見た。

「スミマセン、驚かせちゃいました。よかったら、どっちか飲みますか?」

「いいんですか?」

阿久津さんはそう言って、一瞬大神田さんと裕子がいるシマの方に顔を向けた。

「あ、あっちは大丈夫ですよ。大神田さんが裕子にコーラ奢ってくれたみたいですから」

私は躊躇なく言った。それを聞いた阿久津さんは、僅かに眉を上げ、視線を落とした。阿久津さんは、大神田さんの行動をどこまで把握しているのか、そして、どう思っているのか。私には知る由もなかったが、その表情を目の当たりにすると、少しだけ心が傷んだ。

阿久津さんは紅茶を手に取り、「ありがとうございます」と笑顔を向けてくれた。私は手に残ったコーラを顔の前に上げ、「頑張ってください」とだけ伝えた。

→NEXT【乗打編47】追加投資、続く

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

10月≫
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

戻る