六本木ヒルズからの七転八倒

【入札編05】エクセルは収支計算に

←BACKパソコン版【入札編04】「株式会社ネットアイズ」

←BACKスマホ版【入札編04】「株式会社ネットアイズ」

「今は何もお仕事はされていないということですか?」

向かって右側に座っている、ネクタイを締めたスーツ姿の男がこちらを覗きこむようにして言った。

「はい、そうです」

私が胸を張って答えると、スーツ男は僅かに眉をひそめた。この男の名前は不明だ。この部屋に通されたときに「人事の……です」と挨拶されたのだが、肝心の名前の部分を聞きのがしてしまったのだ。今さら「お名前、何でしたっけ?」などと訊き直すわけにもいかない。なんとかして名前を呼ばずにこの局面を乗り切るしかない。

「生活の方は大丈夫なんですか?一人暮らしをされているみたいですけど」

今度は向かって左側の白シャツの男が言った。こちらは本田誠一。現場の責任者らしい。「現場の……」と挨拶されたときは「道路工事かよ」とツッコミそうになったが、『ITドカタ』と揶揄されることもあるのだから、むしろ的確かもしれないと思い直した。

「はい、以前働いていた頃に貯めた貯金がありまので、それで生活していました」

貯金の出処がパチスロであることを隠して答えた。

「パソコンは……普通に使えますよね?エクセルとかも」

「はい、自信あります」

若者らしくハキハキとした口調で答えた。エクセルなんてパチスロの収支計算にしか使ったことがない。四則演算以外はどんなことができるのかすら知らなかったが、堂々とハッタリをかました。

面接官が体を寄せ合い、ひそひそ話を始めた。何を言っているのかは聞き取れないが、何度か頷き合ってから、また体を離した。

「ウチでどんな仕事やるのか、まだよくわからないですよね?」

本田誠一が僅かに口の端を上げて尋ねてきた。どこか含みのあるいやらしい言い方に聞こえた。

→NEXTパソコン版【入札編06】「エロ画像に耐性ある?」

→NEXTスマホ版【入札編06】「エロ画像に耐性ある?」

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

3月≫
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

戻る