六本木ヒルズからの七転八倒

【入札編134】女の子用品

←BACKパソコン版【入札編133】じゃあまた、会社で。
←BACKスマホ版【入札編133】じゃあまた、会社で。

『新井薬局』という名前を脳内で検索してみたが、少なくとも私の知っている近所の店ではなかった。

普段から裕子の買い物に興味が無い私は、彼女が新しい洋服を着ていてもまったく気付かず、よく怒られているタイプの人間だ。
そんな私が、この耳慣れない『新井薬局』の袋にだけは興味を惹かれた。

私は、リビングにいる裕子に気づかれないように、その袋を音が立たないようにそっと開けてみた。すると、中にはもうひとつ茶色い紙袋が入っていた。

この時点で、いくら鈍感な私でも中身は想像できた。だが、ここまで開けてしまった手前、最後まで確認しないわけにはいかない。
私は茶色い紙袋を、音が出ないようにゆっくりと開いた。

予想はあっけなく的中した。紙袋の中に見えたものは、青と白のビニール製の包みだった。なんのことは無い、ただの生理用品だ。

念のため、それ以外に何か入っていないのかを確認する。ここまでくると、ストーカーが深夜にターゲットである女性が出したゴミ袋を漁っているような気分になってくる。

生理用品のほかに、いくつかの小さな化粧品が入っていた。そのひとつには『試供品』と印刷されたシールが貼られていた。その薬局でもらってきたのだろうか。

中身をすべて確認し、袋を閉じようとしたとき、生理用品の底に何かがあることに気がついた。

もはや興味を失いつつあったが、最後にひとつだけ残してしまうのも寝覚めが悪い。そう思い、紙袋がこすれる音など気にせずに生理用品を引っ張りあげてみた。

試供用の化粧品がバラバラと崩れ落ちる中で、それはしっかりとこちらを向いていた。

→NEXTパソコン版【入札編135】シール、無し。
→NEXTスマホ版【入札編135】シール、無し。

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

5月≫
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

戻る