六本木ヒルズからの七転八倒

【入札編25】スクール水着は性的か

←BACKパソコン版【入札編24】あってはならない、ミス
←BACKスマホ版【入札編24】あってはならない、ミス

『誤削除』という言葉に、室内の空気が一気に張り詰めた。この部屋にいる者の誰もが忌み嫌う言葉だからだ。

快人がゆっくりと振り返る。キーボードに乗せられた手が僅かに震えていた。

「お前、昨日の『ブルセラ検索』やっただろ?」

山倉が尋ねる。全員の視線が快人に集中する。

「あ……ど、どうだったかな。覚えてないけど……」

「やってんだよ!ログ残ってんだから、しらばっくれんなよ!」

山倉がつばを飛ばしながら叫んだ。快人の頬は歪み、視線は宙をさまよっている。

「今、そのユーザーが同じ商品を再出品してるんだよ。連絡帳にURL貼ったから全員見てみろ」

山倉は腰に手をあてて顎をしゃくった。私もすぐにモニタに体を向けた。

ネットワーク上には『連絡帳.xlsx』というエクセルファイルがあり、そこで日々の連絡事項などをやりとりする仕組みだ。早速、連絡帳.xlsxを開くと、最新の書き込みが目に飛び込んできた。

――『快人 誤削除』

何もこんなタイトルを付けなくてもいいだろうと思いつつ、そこにあったURLをクリックした。

表示されたのは、スクール水着の出品画面だった。画面をスクロールしていくと、商品説明欄に赤い文字で次のように記されていた。

『なぜかウェブオク運営者側に出品を削除されてしまったので、再出品します。削除された理由は現在ウェブオク様に問い合わせ中です。なお、このスクール水着は新品未使用品です』

読み終えると同時に、部屋のそこかしこから嘆息が聞こえた。これは擁護できないという諦めのため息だ。

私は横目で快人を見やった。快人は呆然と出品画面を見つめたまま、マウスのホイールを上下に何度も転がしていた。

→NEXTパソコン版【入札編26】東京ブルセラ裁判
→NEXTスマホ版【入札編26】東京ブルセラ裁判

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

10月≫
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

戻る