六本木ヒルズからの七転八倒

【入札編70】Ctrl+F

←BACKパソコン版【入札編69】「何ヶ月この仕事やってんだよ」
←BACKスマホ版【入札編69】「何ヶ月この仕事やってんだよ」

美瑠希が本田の傍らに立つと、彼は隣の椅子に座るように促した。

「今、山倉くんから報告があったんだけど……」

そう言って、本田はモニタを指差した。美瑠希もモニタを覗きこむ。私の席からはモニタの裏側しか見えないが、その画面には美瑠希が削除しそこなった『コンタクトレンズ』の出品が表示されているのだろう。

「俺も最近は本社との折衝ばかりやってるから、こっちの仕事は自信ないんだけどさ。山倉くんが言うには、コンタクトレンズの出品は薬事法に抵触するおそれがあるから削除っていう基準があるらしいんだけど……」

本田は指先で頬を掻きながら美瑠希の顔をうかがった。美瑠希の口が「はい」と僅かに動いたように見えたが、声はここまで届かなかった。

「基準書を……」

小さな声ではあったが、今度は美瑠希の声が聞こえた。本田がマウスを操作する。削除基準書で確認するのだろう。

私も自分のパソコンで削除基準書を開いた。ずらりと並んだカテゴリの中から、『薬事法』をクリックする。

さらに細分化された項目が表示される。私はCtrlキーとFを押し、検索窓に『コンタクト』と入力した。

ページが一瞬でスクロールし、『コンタクトレンズ』の文字がハイライトされた。そこには、『削除』の文字がしっかりと記されていた。

→NEXTパソコン版【入札編71】英雄は遅れて登場する
→NEXTスマホ版【入札編71】英雄は遅れて登場する

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

5月≫
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

戻る