六本木ヒルズからの七転八倒

【入札編75】ピーチ姫を救出した翌日

←BACKパソコン版【入札編74】黒目を大きくパッチリ演出

←BACKスマホ版【入札編74】黒目を大きくパッチリ演出

←BACKパソコン版【コラム】AVの最後に流れるダンス!?【106】
←BACKスマホ版【コラム】AVの最後に流れるダンス!?【106】

次の日から、山倉は『薬事法』チェックの仕事を外された。

この仕事にも暗黙のヒエラルキーが存在している。新人や経験の浅い者は、アダルトカテゴリの仕事があてがわれる。これは、仮にミスを犯しても大事に発展することがほとんど無く、平たく言えば「誰がやっても構わない」仕事だからだ。

アダルトカテゴリをミス無くこなせるようになると、徐々に難しい判断が必要となる仕事へとレベルアップしていく。その最上級にあたるのが『薬事法』チェックだった。

「『アダルト未成年』の13時台、終了しました……」

山倉が消え入りそうな声で言った。

「じゃあ引き続き14時台もお願い」

本田の指示に山倉が頷いた。モニタを見つめる山倉の背中が、昨日までよりも一回り小さくなったように思えた。

私は自分のモニタへと向き直り、横目で隣を見やった。そこには、冷静な顔つきで『薬事法』チェックを行う快人の姿があった。

時折、あごに手をあてて考えこむ仕草を見せているが、おおむね無難に仕事をこなしているようだ。

もはやこの職場でのヒエラルキーは、山倉より快人の方が上になったのだ。何か肩書が変わったわけでもないのだが、それは全員の共通認識となったことは確かだった。

美瑠希のピンチを救ったことを鼻にかけずに黙々と仕事をこなす快人の姿は、まるでピーチ姫を救い出した翌日から配管工の仕事に戻ったマリオのようだった。

私は腰のマッサージをするフリをしながら背後の様子をうかがった。こちらに注目している人がいないことを確認してから、普段はあまり使わないチャットを立ち上げた。

――昨日はアノ後、美瑠希とどうだったの!?

そう打ち込んで、快人のアカウントへと送信した。

→NEXTパソコン版【入札編76】女子の恩返し
→NEXTスマホ版【入札編76】女子の恩返し

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

4月≫
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

戻る