六本木ヒルズからの七転八倒

【入札編86】『ザマァ!』としか言えない

←BACKパソコン版【入札編85】いい気味だ
←BACKスマホ版【入札編85】いい気味だ

私は非常階段を一段降りたところで足を止めて振り返った。
山倉はタバコを灰皿に置き、腫れぼったいまぶたを指先で擦っている。

「どういう意味ですか?」

私は眉をひそめながら、負けじと嫌味っぽく言い返した。

「だから『ザマァ!』とか思ってんだろ?俺がヒラに降格されてよ」

山倉は自嘲気味に鼻を鳴らした。

「別にそんなこと思ってませんよ」

口ではそう答えながら、心の中では同僚の全員が少なからずそう思ってるよと言い放った。

「どうだかな」

山倉は足元にツバを垂らし、またタバコを咥えた。

やはりこの男はしょうもない。降格されるべくしてされたのだ。不愉快な思いをしたがそれが再確認できたので良しとしよう。

そう考え、あらためて階段を降り始めると、三度、汚らしい声に呼び止められた。

「あいつら、どうなってんだよ?」

いい加減に鬱陶しくなってきた。私はその感情が山倉に伝わるように、わざとらしくゆっくりと振り返ってから、口をポカンと開けてみせた。

そんな私を見て、山倉は頬を釣り上げてまた鼻を鳴らした。

「なんだよ、知らねぇのかよ。快人と美瑠希だよ」

「あの二人がどうかしたんですか?」

思わぬ名前に驚き、私は山倉の方にキチンと体を向き直した。

「アイツら、最近ずいぶんとラブラブみたいじゃねーか」

→NEXTパソコン版【入札編87】職場恋愛は面倒くさい
→NEXTスマホ版【入札編87】職場恋愛は面倒くさい

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

3月≫
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

戻る