六本木ヒルズからの七転八倒

【師弟編13】「就活生にありがち!」

←BACK【師弟編12】ハロウィンのコスプレ

「あれ、お前の彼女?」

私は窓の外のキャンペーンガールを指差した。

「違いますよ!」

木部がようやく口を開いた。

「だからどうしたんだよ?別れたなら別れたでいいじゃん!ハッキリしろよ!」

空きっ腹にアルコールを流し込んだせいか、私の口調も荒っぽくなってきてしまった。

「別れてはいないですよ……。最近会ってないですけど……」

「彼女も同い年だっけ?」

「そうッスね……」

最初の勢いが嘘のように、木部はすっかり意気消沈してしまっている。彼女と何があったのかは知らないが、うまくいっていないのだろう。そんな木部を見て、揚げ出し豆腐を食べていた裕子がふいに口を開いた。

「就活生にありがち!絶対別れるよ!」

突然の裕子の物言いに、木部を目を丸くした。裕子は元々言いたいことはハッキリと言う性格だが、血中アルコール濃度が高くなるとそれに拍車が掛かる。とはいえ、生まれてこの方、一度も就職どころか就活も経験したことがないハズの裕子に断言されては木部もたまらないだろう。

木部は今にも泣き出しそうな顔で、ジョッキに手を掛けた。

「別に……もういいんです。誰が悪いわけでもないんですよ……。全てはこの腐りきった社会……現代日本が諸悪の根源なんスよ」

一体何に影響されたのか、木部は斜に構えた中学生のような主張をぶち上げると、三杯目のビールを喉に流し込んだ。

→NEXT【師弟編14】『見せパン』履いてるよ!変態!

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

12月≫
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

戻る