六本木ヒルズからの七転八倒

【師弟編130】『7』を狙い分ける所業

←BACK【師弟編129】ベル否定、1確

食事休憩と木部の陣中見舞いを終えた私たちは、相変わらず三人並んでジャグラーとの格闘を繰り広げていた。といっても、戦っているのは私だけで、女性陣は大きなハマリを喰らうこともなく順調に出玉を伸ばしていた。私はというと、運良く追加投資は免れたものの、長い長い下皿プレイを余儀なくされていた。

「アレは『リプレイハズシ』っていうの!アレをやるとコインが多く取れるんだよ」

私がビッグボーナスを消化していると、二台となり五十嵐さんが私の台を指差して裕子に耳打ちしていた。それに裕子が大きな声で答えていた。私は一瞬だけ視線をそちらに向けてから、軽やかに左リール上段に『7』を停止させた。上段受けリプレイハズシの成功だ。

「じゃあどうして裕子さんはその『リプレイハズシ』をやらないんですか?損しちゃうじゃないですか?わたしにも教えてくださいよ」

「アタシはやらなくていいの!正吾がその分出してくれるから!」

「じゃあせめてわたしには教えてくださいよ」

「アレ、意外と難しいんだよ?あんた、左リールに二つある『7』を狙い分けたりできないでしょ?」

木部ことを吹っ切れたのかどうかはわからないが、食事休憩から戻ってからの五十嵐さんは実に楽しそうにスロットを打っていた。裕子との掛け合いも様になってきた。私は心の中でほくそ笑みながらボーナスを消化した。

「『7』を見分ければいいんですよね?たぶんできますよ。ホラ……」

→NEXT【師弟編131】リールのブレを見極めよ!

  • 上段に『7』を狙うと、その上のチェリーが邪魔をしてくれる。上段に『7』を狙うと、その上のチェリーが邪魔をしてくれる。

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

9月≫
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

戻る