六本木ヒルズからの七転八倒

【師弟編134】設定発表とぉ!参ります!

←BACK【師弟編133】レギュラー、たった二回

「本日もぉ!!たくさんのお客様にお越しいただきぃ!!誠にぃありがとうございますぅ!!」

はちきれそうなズボンのベルトをさすりながら、店長がマイクで煽り始めた。以前より腹回りに貫禄が出たようだ。

「パチスロは『粘りと根性』!!お客様の『粘りと根性』で最終最後のお時間までごゆっくりご遊技くださいますよぉ!!お願いぃ!!いたしますぅ!!」

独特の口調で店長が煽る。裕子は遊技の手を止めて、店長の行方を探している。

「それでは設定発表とぉ!!参りますがぁ!!タバコやライターで確保しているだけの台には設定札は挿しませんからねぇ!!お一人様一台!!台をお選びいただきぃ!!きちんとコインを借りてぇ!!ご遊技しながらお待ちくださいよぉ!!」

シマとシマの間を練り歩く店長。ただならぬ雰囲気に気がついたのか、五十嵐さんも遊技の手を止めた。

「本日は!!昨日元気が無かったぁ……ノーマルタイプからぁ!!」

店長の一声で、ジャグラーの空き台が一瞬にして埋まった。

「掛け持ち遊技が発覚した場合は!!すみやかに退店していただきますよぉ!!そもそもぉ!!そんな台には設定札は挿してあげませんよぉ!!覚悟してくださいよぉ!!」

その通りだった。店長は店内を練り歩くときに高設定台の状況を確認しているのだ。空き台や、たった今客が座ったばかりの台には決して設定札は挿さない。

「店長!ココ!ココ!」

ジャグラーのシマに入ってきた店長を呼び寄せるように、裕子は自分の台を指差して言った。

→NEXT【師弟編135】せってぇぇぇい!ゴォォォォォ!

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

3月≫
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

戻る