六本木ヒルズからの七転八倒

【師弟編70】みゆみゆちゃん

←BACK【師弟編69】カチ盛り二箱さて何枚?

━━━━━━
先輩、今日はお疲れ様でした。最終的には3000枚弱プラスになりましたよ!明日も町田に行ってきます!先輩たちは行かないんですか?
━━━━━━

裕子が作ったナポリタンとサラダを全て腹の中に収め、窓から吹き込む冷たい秋風を感じながらボーっとしていると、木部からのメールで現実に引き戻された。私はベッドの上でだらしなく身体を伸ばして、返信内容を考えた。

─────
お疲れ。3000枚はスゴイな。このままいけば、あと十日で二十万は簡単なんじゃない?明日、俺らは渋谷の『極楽園』に行く予定。町田は遠いからな。五十嵐さんには連絡したか?
─────

送信ボタンを押す直前に、最後の一文を入れるべきか一瞬だけ悩んだ。だが、そこまで気を使ってやる義理もないだろうと思い直し、そのまま送信ボタンを押した。

━━━━━━
明日も満員電車に揺られて行ってきますよ!スロプロも大変ッスね(笑)先輩たちも頑張ってください!また明日の夜にでもメールします。
━━━━━━

すぐに戻ってきた木部からのメールには、五十嵐さんの件については一切触れられていなかった。木部と五十嵐さんが恋人同士――もしかしたら「元」がつくかもしれないが――だということはほぼ間違いないと思うのだが、そこまで触れられたくないものなのだろうか。

「なぁ……、木部と五十嵐さんって付き合ってるのかな?」

台所で洗い物を終えた裕子に尋ねると、裕子はこちらに顔を向けて右側の眉だけを上げた。

「そりゃそうでしょ。それともなんですか?もし付き合ってなかったら、みゆみゆちゃんとお近づきになりたいとでも?」

私は「まさか」と小さく否定して、天井を仰ぎ見た。

→NEXT【コラム】京都に行ってきます【041】

→NEXT【師弟編71】青白き、GOGO!ランプ

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

3月≫
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

戻る