六本木ヒルズからの七転八倒

【落札編25】ジャグラー打ち、バレ

←BACKパソコン版【コラム】スロプーからポーカープーへ【123】
←BACKスマホ版【コラム】スロプーからポーカープーへ【123】
←BACKパソコン版【落札編24】ブラジルに行くんですよ
←BACKスマホ版【落札編24】ブラジルに行くんですよ

日常会話ではサッカーの話題になった時くらいしか耳にしない国名が塩村の口から飛び出し、私は多少面食らった。

大体、今そんなこと訊いていないし、今度っていつだよ。アルバイト初日にもう辞めた後の話しか。

私はキーボードに乗せた両手の動きをわざとらしく止めた。

「ブラジル?今度っていつ?」

「このバイトでちょっと金貯めて、それを元手に一発ドカンと当てたらです。いつかはまだ決めてないです」

視界の端に、塩村の嬉々とした表情が見切れた。
彼の話の節々にツッコミを入れたい箇所があるが、今は面倒なのでスルーしておくことにした。

「ふーん、すごいね。何しに行くの?」

私は気の無い素振りで尋ねた。正直、ブラジルなんてまるで興味が無いので、タダで連れて行ってやると言われても行く気がしない。話の流れで尋ねてはみたが、その答えに何の期待もしていなかった。

「何しに……って、旅行ですよ。俺、世界中を旅して回ってるんですよ」

「へー」

「長崎さんは海外旅行とか興味無いんですか?」

「無い」

私はぶっきらぼうに答えた。

「興味あるのは競馬とパチスロだけですか?」

今度は塩村が尋ねてきた。しかも、なぜか『パチスロ』という単語が出てきたではないか。

競馬に関してはもちろん理解できる。なにせ競馬場で顔を合わせたのだ。そりゃあ興味が無いわけが無い。だが、なぜ私がパチスロ好きだということを知っているのか。

「さてはジャグラー打ちですね?」

塩村が私の顔を覗き込んで言った。

→NEXTパソコン版【落札編26】絶対儲けさせますよ!!
→NEXTスマホ版【落札編26】絶対儲けさせますよ!!

profile

長崎 正吾

  • 名前:長崎 正吾
  • 性別:
  • 誕生日:
  • 血液型:
  • 出身地:
  • 好きなもの:
  • 嫌いなもの:
  • 1978年生まれ。34歳の夏、職を失う。20代の頃にスロットで生活していたことを思い出し、フラリとホールへ舞い戻る。そのままスロット生活者へ。基本的にはジャグラーシリーズのみを打つスタイル。スロットで糊口を凌ぐ傍ら、iPhone/Android向けアプリ「ジャグラーで喰う技術1&2」をリリース。

calender

3月≫
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

戻る