Hi Tension

ハイ〝テン〟ションな編集部員がハイ〝テン〟ションな瞬間を探すべく取材! 時には〝超〟ハイ〝テン〟ションを探すことも!?

普段から自堕落な編集部員が、ハイテンションよりもさらに上位の狂ったような瞬間を目撃したいというわがままからスタートしたのがこの「超ハイテンション取材」である。